事業運営にあたっては日常のあらゆる場面でお金が循環しています。

お金は企業の血液ですから、もし循環が滞れば取引の停滞を招き、事業継続が危ぶまれる事態になります。

例え黒字経営であっても倒産してしまうこともありますから、お金の流れには常に目を配ってくことが経営者の重要な仕事の一つと言えるでしょう。

資金が足りない時には借り入れで対処するのがこれまでは常識でしたが、限度いっぱいで新規借り入れができないとなると万事休すです。

そんな時でも利用できるのが「ファクタリング」という仕組みです。

本章では新しい資金調達の形であるファクタリングの仕組みについて詳しく解説していきます。

■ファクタリングの基本的な仕組み

■ファクタリングの基本的な仕組み

細かいところは後で確認しますが、ここではファクタリングの基本的な仕組みを理解しておきましょう。

国内では多くの場面で「掛取引」が用いられます。

掛取引は商品やサービスの取引において支払いの処理をその都度行わず、後日決まった期日にまとめて行うというものです。

例えば商品Xを売りたい企業と買いたい企業があるとすれば、売る立場の企業は自社の商品を譲渡しても、代金はしばらく受け取れません。

その代わり、商品を買った企業に対しては「売掛債権」が発生します。

売掛債権は、将来の約束した期日に支払いを受けられるという権利です。

ファクタリングを利用できるのはこの売掛債権を持っている企業です。

債権は金銭的価値を持ちますから、ファクタリング業者がいくらか割り引いた上でこれを買い取り、債権を譲渡した企業に買取金を支払います。

売掛先企業は約束に従って所定の期日に支払いを行いますので、ファクタリング業者はこのお金を受け取ることで利益を確保します。

売掛債権を保有している企業の立場としては、将来お金を受け取れる権利=売掛債権を売って現金を得る、というのがファクタリングの基本的な仕組みになります。

■貸し付けや融資との違いは?

■貸し付けや融資との違いは?

ファクタリングはこれまでの資金調達の要であった貸し付けや融資とは全く異なるものです。

取引形態などの実務はもちろん、法律上の性格も全くの別物です。

融資は金銭消費貸借契約という種類になりますが、ファクタリングは債権の譲渡取引にあたります。

つまり売買取引ということです。

財産的価値のあるものを譲渡して対価を得るという、比較的シンプルな仕組みです。

次の項で、実際のファクタリング契約のスキームを見てみましょう。

■ファクタリング取引の二つのスキーム

ファクタリングには大きく二社間ファクタリング三社間ファクタリングの二種類のスキームがあります。

二社間ファクタリングは、売掛債権保有企業とファクタリング業者の二社間だけで取引を進める方式です。

手順としては以下のような流れで進みます。

①債権保有企業がファクタリング業者に売掛先権を譲渡する
②ファクタリング業者が債権を譲渡した企業に買い取り金を交付する
③売掛先企業が所定の期日に債権を譲渡した企業に代金の支払いを行う
④債権を譲渡した企業がファクタリング業者に手数料を支払い精算する

上記③では売掛先企業が当初の契約に従って支払いを済ませるだけですので、ファクタリング契約には参加しなくても問題ありません。

ファクタリングの事実を知られると業界内で信用が低下してしまうリスクがあるので、秘密裏に進めたい場合は二社間ファクタリングがおススメです。

二者間ファクタリングの図

 

一方、三社間ファクタリングは売掛先企業の了解を取ってファクタリング契約の当事者として参加してもらいます

当然ファクタリングの事実を知られることになりますが、売掛債権の回収がほぼ確約されることになり、ファクタリング業者のリスクがかなり軽くなるので、後述する手数料が安くなります。

三社間ファクタリングの手順としては以下のようになります。

①債権保有企業が売掛債権を譲渡する
②ファクタリング業者が買取金を支払う
③売掛先企業が所定の期日にファクタリング業者に対して代金の支払いを行う
④ファクタリング業者が手数料精算をした上で、債権を譲渡した企業に残金を支払う

三社間ファクタリングの図

上記③では債権を譲渡した企業を経由せず、直接ファクタリング業者に支払いがされる点で二社間取引と違いがあります。

売掛先企業の了解のもとで直接支払いを受けられるので、ファクタリング業者としては取引の安全性が高まる分、手数料を下げることができます

以上がファクタリング取引の実際のスキームですが、貸し付けや融資とは全く異なるものであることがお分かりいただけたでしょうか。

次の項では、貸し付けや融資と比べたメリットを見てみましょう。

■ファクタリングのメリット

■ファクタリングのメリット

①信用情報機関に登録されない

融資を受けると利用者情報が信用情報機関に登録されます。

もし焦げ付きを起こせばその情報も登録されてしまうので、色々な場面で不利益を被ります。

ファクタリングは貸し付けとは全く別の世界ですので、ファクタリングの利用の有無や利用状況が登録されるということはありません

②金融ブラックでも利用可

貸し付けと別世界であることはもう一つの利点を生みます。

もしすでに融資の返済を焦げ付かせていた場合、新たな借り入れは難しいでしょう。

ブラック情報があれば金融機関は警戒しますから、新規借り入れはできなくなります。

しかしファクタリングでは、利用企業の状態よりもむしろ売掛先企業の状態を重視しますから、債権保有企業が仮にブラックであったとしても致命傷にはなりません。

税金を滞納しているような場合も同様で、信用や経営状態が思わしくない企業でもファクタリングは融資よりも断然利用しやすいのです。

③債務を負わない

ファクタリングは保有する財産(債権)を売る取引ですから、そこから弁済の債務などというものは生じません。

借り入れであれば元本の他に利息の負担も生じてきますが、この心配も要らないということです。

融資は債務を負う取引ですが、ファクタリングは新たな責任を背負わなくて済みます

④保証人や担保が不要である

貸し付けや融資では、担保の提供か保証人の用意を求められます。

融資元金融機関のリスク担保のためにどうしても必要になりますが、ファクタリングは債権の売買取引です。

返済リスクそのものが存在しないので、担保や保証人の用意も不要です。

④会計上の赤字を気にしなくて済む

融資を受けると会計上は赤字が増えますが、ファクタリングは債権を売却する取引となるので、会計上の赤字は増えません。

新規取引や助成金の申請などの際には財務諸表を確認されますが、赤字が増えないので見栄えを気にする必要はありません

⑤ノンリコースである

もし売掛先企業が倒産してしまい売上金の回収ができなくなると、ファクタリング業者は儲けを得ることができなくなります。

そこで、もし売掛先が倒産した時には、債権を譲渡した企業に損失を補てんしてもらうという契約にすることも可能ではあります。

実際、銀行など大手の金融機関が行うファクタリングではそのような契約条件とすることが多いのですが、それでは債権を譲渡する企業のリスクが大きくなります。

ノンバンク系のファクタリング業者の多くはそのような取り決めはせず、債権保有企業に負担を負わせない「ノンリコース」を条件とし、ファクタリングを利用しやすいように配慮しています。

⑥スピーディである

上記のようなメリットを持ちながら、さらに現金の調達が非常に短期間で実現できるのも大きなメリットです。

現実の経営では、数日後にまとまった資金を用意しなければならないシーンはよくあります。

一般的な融資では企業の信用調査や担保・保証人の用意及び調査にどうしても時間がかかります。

ファクタリングでは時間のかかる用意や調査が要らないので、個別ケースにもよりますが最短で当日中、遅くても数日以内の現金調達が可能です。

■ファクタリングのデメリット

■ファクタリングのデメリット

①手数料がかかる

ファクタリング業者も利益を得なければ商売になりませんから、債権を譲渡する企業は手数料の支払いが必要になります。

手数料は業者によって異なりますし、個別の取引ケースでもかなり違ってきます。

一般的な相場感としては、二社間ファクタリングで譲渡債権価額の10%~30%程度、三社間ファクタリングでは1%~5%程度が目安になるでしょう。

②債権譲渡登記が必要になることも

債権譲渡登記とは、債権が譲渡された事実を登記という形で証明するものです。

債権の二重譲渡等のリスクに備えて、ファクタリング業者が取引の条件とすることがあります。

登記は必要があれば誰も調査することができるので、もしどこかの企業が登記を取って調べれば、売掛債権が譲渡されたことが知られてしまいます。

二社間ファクタリングを利用していた場合は、もしかしたらファクタリングの利用を知られてしまう可能性もあるということです。

取引先に知られると信用面が低下することも考えられますが、特に理由が無いのに登記を取って調べるということは通常ありませんので、それほど心配する必要はないでしょう。

③資金調達できるのは譲渡債権価額の範囲内に限られる

融資であれば、融資元の理解さえあればケースごとに必要な資金額を調達することができます。

しかしファクタリング取引はあくまで売掛債権の譲渡取引ですので、債権価額の範囲内でしか資金を調達できません

必要な資金額に満たなければ、他の資金調達手段と併用して目標金額の確保に動かなければなりません。

■まとめ

■まとめ

この回ではファクタリングの基本的な仕組みや実際の取引スキーム、メリット・デメリットなどについて見てきました。

ファクタリングは従来の貸し付けや融資とは全く別世界の新しい資金調達法として、今後のビジネス界で主流となり得るものです。

実際の利用にあたっては、二社間、三社間取引の違いを理解した上で、ファクタリング業者と手数料負担についてよく相談しながら取引を進めるようにしてください。

今回、当サイトをご覧いただいて初めてファクタリングを知ったという方も多いと思いますが、銀行などからの融資が期待できないシーン、あるいは急な資金需要が生じた時には、ぜひファクタリングの利用をお考えいただければと思います。