当ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

1週間後の入金に間に合わせる「ファクタリングサービス」を提供する、株式会社ACCでございます。

弊社は東京都北区赤羽駅からほど近い場所に事務所を構え、「1週間後の入金」に間に合う資金調達を行っております。

恐縮ではございますが、当ページにて株式会社ACCのサービスと「1週間後の入金に間に合う」という意味について、合わせてご紹介をしておりますので、ご一読ください。

ファクタリングの利用で入金危機を乗り切れた企業様

ファクタリングの利用で入金危機を乗り切れた企業様

会社を経営していると、今週中に入金をしなければ経営に支障が出る、急な特需への対応で人材や設備を早急に用意しなければならない、必要資金が融資枠を超えているなどの場面に遭遇します。

当然、資金調達が間に合わないと経営悪化に直結いたしますが、銀行の融資だけに頼ってしまうとこのような入金危機に対応できません。

弊社では、企業様の入金危機に対して、新しい資金調達方法の選択肢である「ファクタリングサービス」を提供しています。

このサービスによって入金危機を脱することのできる場面をご紹介しておりますので、御社の経営状況と見比べてみましょう。

急激な売り上げの増減にも対応

弊社のファクタリングサービスは、急激な売り上げの増減にも対応いたします。弊社では最短で即日の資金調達を可能としており、その結果、急激な売り上げの増減に伴う急な資金調達の場面にも対応が可能です。

特需や、社会における想定外の出来事により、急な売り上げの増減というものは突然訪れます。

直近ならば、「ブラックフライデー」や中国の「独身の日」、異常気象による「猛暑」など、急激な売り上げの見込まれる日です。

そのようなときに、製造業では原料が増加いたしますし、運送業では人員の増加をしなければならない場面もございます。

そのような場合に、銀行の融資を待っていると対応が間に合わずに利益を損なってしまうこともあるでしょう。ファクタリングであれば、直近で資金が必要な場面での資金調達が可能です。

資金繰りの難しい業種でも資金調達ができる

資金繰りの難しい業種といえば建設業が最も有名です。

工事の着工から入金までの期間が長く、天候によってはさらに入金が遅れるケースがあります。

また、運送業や製造業などの、設備によって利益を生み出している業種では、設備のトラブルによって早急な資金調達が必要です。

しかし、設備が万全でなければ利益を産むことができずに資金繰りに苦しむこととなります。

ファクタリングは、このような場面での利用で資金繰りにも活用することができます

融資枠が不足していても資金調達が可能

融資枠が不足していて、必要な額の資金調達ができないといった場面もあります。

必要資金を用意するのに、融資枠が足りずに経営悪化を招いてしまったという企業様も少なからず存在いたします。

ファクタリングは「売掛債権」の「売買」をする取引ですので、融資ではございません。

したがって、融資枠が不足していても、「売掛債権の売却」によって、不足している資金の調達を可能とします

急な資金調達の場面は必ずある

急な資金調達の場面は必ずある

先程も少し触れましたが、急な資金調達を強いられる場面に全ての企業様が少なからず直面いたします。

そのようなときに、融資による資金調達の方法しか知らなければ、回避できるリスクを回避できずに、会社に大きなダメージを負わしてしまうことにつながりかねません。

「黒字倒産」などは資金繰りをうまくできずに会社に大きなダメージを負わす代表的な例です。

融資だけに頼ってしまうと、支払期日に資金調達が間に合わない場合や、融資枠の不足で資金調達ができないこともあります。

よって、融資以外にも資金調達をする方法を企業様は準備することがとても重要なのです。

資金調達ができないと大きな損害を受けてしまう

支払うべき金額が手元にないと、いくら利益を出していても経営はうまくいきません

「黒字倒産」のように、会社自体が消滅してしまう原因にもつながります。

急な資金調達の必要性や、資金繰りが必要な場面で、御社はいくつの手段をお持ちでしょうか?

中小企業庁の調査では数年後の2025年には127万社という、日本の企業の三分の一の企業が廃業の危機に直面するといわれています。

大きな原因は後継者問題によるもので、自社が後継者問題によって廃業に追い込まれなくても取引先がこの問題によって廃業に追い込まれ、販路を失って共倒れをしてしまうケースがあります。

急な資金調達や資金繰りができるファクタリング

急な資金調達や資金繰りができるファクタリング

資金調達の重要性は上記でも触れた通りですが、急な資金調達や資金繰りが必要とされるケースはトラブルによるものが多数です。

そして、会社の経営は1ヶ月や2ヶ月のような短期間で終わるようなものではありません。

長期間にわたって行うものですから、トラブルも1度や2度ではないでしょう。

トラブルを積み重ねるごとに融資枠が減少し、新たな融資を受けることが難しくなることもございます。

そのようなときに、ファクタリングは迅速な資金調達で、会社の危機を脱することにご活用できます

利用者事例1

利用者事例東京でファクタリング

弊社ファクタリングサービスをご活用いただいた、東京で運送業を営む会社の社長K様。運送業を営んでおられますが、引越しシーズンには引越し業にも取り組まれております。

引っ越しシーズンに、車両および人員の確保はできたそうでしたが、車両のレンタル料と人件費の支払いに窮してしまいました。

融資枠が不足していて、必要費用の融資が望めないことから、弊社ファクタリングサービスにて危機を乗り切られています。

利用者事例2

利用者事例大阪府でファクタリング|建築業

「今回は本当に助かった。Accさんのファクタリングのことを知っていれば最初から相談すれば良かったよ。電話の説明も丁寧で分かりやすかったし、また困った時には力を貸してくれ」とおっしゃられる、大阪で建設業を営まれるT様。

T様の会社では、取引先からの入金が遅れたため、自社の支払いが難しい状況にありました。

最も早い支払の期限は1週間後という状況の中で、弊社のファクタリングサービスをご活用され、この急場をしのぐことができています。

株式会社ACCのファクタリングをご活用ください

株式会社ACCのファクタリングをご活用ください

銀行の融資が待てない
融資枠が足りない
入金まで待つと経営ができない

このような場合には、株式会社ACCのファクタリングサービスをご活用ください。

急な資金調達や、資金繰りに弊社サービスをご活用いただくことで、入金危機を脱することのできた企業様も多数いらっしゃいます。

弊社は「即日現金化」「担保、保証人不要」「借りない資金調達」で、御社のお役に立てると確信しています。

お申し込み方法は簡単かつ迅速にできます。下記のお申込みフォームよりご連絡ください。資金が必要な日までの入金を、迅速に行います。

お問い合わせ

株式会社ACCは今週中の入金に間に合わせます

株式会社ACCは今週中の入金に間に合わせます

株式会社ACCは、ご利用者様事例でもご紹介いたしましたように、資金調達を1週間後の入金に間に合わせます

また、融資枠が不足している企業様のお役に立てた事例も合わせまして、融資以外での資金調達や早急な資金調達をお考えの企業様にご活用頂いております。

株式会社ACCは、企業様の経営における潤滑油のような存在として、今後もお役に立てるよう邁進して参ります。