平素は大変お世話になっております。株式会社ACCでございます。

当社は主力業務としてファクタリング事業を手掛けており、新規様、常連様の区別なく事業資金を迅速にお届けすることを使命としております。

昨今の新型コロナウイルスの問題に絡み、資金繰りの問題を抱える事業者様から多くのお問い合わせを頂くようになりました。

つきましては、国内の事業者様が今般の緊急事態を切り抜けるために当社としてお手伝いできることをお知らせするべく、アナウンスをさせて頂きたいと存じます。

新型コロナウイルスにより御社周辺の情勢が急変した場合の活用法について、以下で説明させて頂きますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

■例えば受注減による資金ショート回避に

■例えば受注減による資金ショート回避に

現在日本国内ではイベントの一斉中止や活動の自粛などで、経済活動が急激に減弱しています。

業務の縮小を余儀なくされて事業所閉鎖に追い込まれる企業様も少なくないようです。

事業所閉鎖とまではいかなくとも、受注を予定していた仕事がキャンセルされたり、継続を予定していた事業が流れてしまったなど、受注が減少してしまうこともあるのではないでしょうか?

予定していた仕事がなくなれば当然その分の入金も無くなるわけで、計画していた支払いサイトにも大きな支障が出てきます。

資金ショートにより自社の支払いができなくなれば、信用が壊れ以後の取引が続けられなくなる恐れが出てきます。

会社全体の倒産という問題にまで発展する事態が十分に考えられますから、資金ショートは絶対に避けなければなりません。

このような時にファクタリングは大いに役に立ちます。

当社のファクタリングは迅速に現金を用意できますから、資金ショートの危機を感じた時には速やかに当社にご相談くださいませ。

■例えば受注増による投入資金の確保に

■例えば受注増による投入資金の確保に

経済活動の縮小による受注減とは逆に、一部の業界では特需的な需要が発生することもあります。

例えばマスクや消毒グッズを生産する企業様など、一部では需要が急激に増大しています。

その他にも特需的な需要が発生している企業様がいらっしゃると思いますので、受注増、生産増に対応するための資金が必要になります。

人員の確保資材や機材の確保原材料の調達など各企業様において求められる資金の使途は異なると思いますが、当社ファクタリングで得られる資金は、融資と違って用途に制限は一切ありません

例えば人員の新規採用ではなく、既存従業員の残業代の支払いなどに使っていただいても全く問題ありません。

既存従業員の残業や休日出勤などで対応が可能なのであれば、新たに人材を確保しなくても済みますから、特需が去った後の社内調整も楽になるでしょう。

いずれにしましても、各企業様の実情に応じて、当社ファクタリングにより得て頂いた資金はどのような用途にも自由にお使い頂けます

■その他あらゆる資金需要に

■その他あらゆる資金需要に

ここでは新型コロナウイルスの影響を想定して、主に受注減と受注増を意識してファクタリングの利用法をお伝えしてきました。

実際には各企業様によって扱うビジネスの種類は異なりますし、受けている影響も差があると思います。

受注の減少や増加に限らず、当社はこれまであらゆる需要に対して資金提供を行って参りました。

長年、様々な事情によって資金難に陥った企業様に資金提供をさせて頂いておりますので、企業支援の実績と経験には自信がございます。

昨今の新型コロナウイルスによる影響で少しでも困難を感じている企業様は、ぜひ一度当社にご相談ください。

丁寧に実情をお伺いして、最適な支援プランを提案させて頂きます。

お電話でもメールでも構いませんので、まずは御社からのご一報をお待ちしております。