資金調達をすぐにしたいと思っても、銀行の融資や公的融資では融資までの時間が長いもの。

売掛先への返済や設備投資、人員の確保などのために資金調達を急いでしたいと思っても、すぐに資金を準備する方法は企業によっては多くはありません。

そこで、活用できるのが「ビジネスローン」です。

本記事ではビジネスローンについて知っておくべき、以下のような項目について解説していきます。

・ビジネスローンはどういうものなのか
・ビジネスローンのメリット
・ビジネスローンのデメリット

それでは、ビジネスローンについて理解を深めるため、読み進めていきましょう。

ビジネスローンとは

事業者向け融資、ビジネスローンとは?

ビジネスローンは「事業者だけを対象とした金融商品」のことです。

利用可能年齢に達していれば、法人はもちろん、フリーランスを含む個人事業主の利用できる融資となります。

ビジネスローンの特徴には、以下のようなものが。

①銀行だけでなく消費者金融や信販・クレジットカード会社などのノンバンクでも利用可
②事業にかかわることであれば「原則使い道は自由」
③融資の基準や限度額などは業者によってことなる
④無担保、保証人は原則なし
⑤総量規制の対象外

それぞれについて詳しく解説していきます。

①銀行以外でもビジネスローンがある

融資と聞くと「銀行」や「日本政策金融公庫」などが頭に浮かぶものですが、事業者向けの融資を行っている事業者は他にもあります。

消費者金融や信販・クレジットカード会社など、いわゆる「ノンバンク」と呼ばれる金融機関です。

これらのノンバンクでも、ビジネスローンが取り扱われています。

②使い道は自由

ビジネスローンの用途は、原則事業にかかわることであれば自由に使うことができます。

「設備投資」「運転資金」「取引先への支払い」「新規事業の立ち上げ資金」など、事業に関することであれば、使い道を限定する必要はありません。

③基準や限度額は業者によって異なる

ビジネスローンの融資基準や金利、限度額は業者によって異なります。

そのため、ビジネスローンを選ぶときには、それぞれの業者のサービス内容を十分に比較する必要があります。

④無担保、保証人は原則なし

ビジネスローンでは、無担保で利用することができます。

これは、どの業者でも同様で、「ビジネスローン=無担保」と考えても差支えはありません。

また、保証人も原則としては必要ありませんが、法人の場合は代表者が連帯保証人となる場合もあるというこに留意をしておきましょう。

⑤総量規制の対象外

ビジネスローンは「年収の3分の1までしか借りることができない総量規制の対象外」です。

そのため、ビジネスローン事業者の審査の基準をクリアすることができれば、限度額の範囲内で希望の金額の融資を受けることができます。

ビジネスローンのメリット

事業者向け融資、ビジネスローンとは?

ここで、ビジネスローンのメリットについても確認していきましょう。

ビジネスローンのメリットには以下のようなものがあります。

①審査に通りやすく融資を受けやすい
②申し込みから融資までのスピードが速い
③総量規制の対象外
④担保不要で保証人が不要なケースも

それぞれどういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

①審査に通りやすく融資を受けやすい

ビジネスローンは、銀行融資や公的融資よりも審査に通りやすく、融資を受けやすいものです。

もともと、ビジネスローンは、まさに銀行融資や公的融資を受けられない企業でも、融資を受けることできるようにとが誕生した背景があります。

そのため、審査のハードルが低く設定されていることから、融資が受けやすくなっています。

②申し込みから融資までのスピードが速い

さきほど、融資受けやすいように審査のハードルが低く設定されていると述べたことから、審査内容や提出書類なども、銀行融資や公的融資よりも少なくなっています。

そのため、審査の項目やチェックする書類の数、確認先が少ないため、申し込みから融資までのスピードが銀行融資や公的融資よりも格段にスピーディ。

ビジネスローン業者では申し込みから融資までのスピードが「最短でその日のうち」といった業者も少なくはありません。

③総量規制の対象外

ビジネスローンの特徴でも触れたように、ビジネスローンは総量規制の対象ではありません。

また、銀行では個人事業主への融資の際には、年収の3分の1を基準としているところもあります。

ですが、ビジネスローンは総量規制の対象ではもちろんありませんし、年収の3分の1を基準としている業者はほとんどありません。

そのため、法人はもちろん個人事業主の場合であっても、年収の3分の1を超える金額の融資を受けることが可能です。

④担保不要で保証人も原則不要

ビジネスローンでは担保が必要なく、保証人もほとんどのケースで不要です。

そのため、必要書類の提出のために、保証人を探して許可を得るといった手間がありません。

ですが、先程述べたように、法人の場合は代表者が連帯保証人となることには注意が必要です。

ビジネスローンのデメリット

事業者向け融資、ビジネスローンとは?

事業者にとって、とても利便性のよいビジネスローンですが、デメリットがないわけではありません。

そこで、ビジネスローンのデメリットとして挙げられるの以下のようなものになります。

①銀行などに比べて高金利
②今後の融資に影響する可能性
③悪徳業者が少なくない

それぞれについてもしっかりと確認しておきましょう。

①銀行などに比べて高金利

ビジネスローンは短期間で融資を受けられることや、審査のハードルが低めといったメリットがある反面、金利は高く設定されています。

概ね、10%~利息制限法の上限ほどで設定しているビジネスローン業者はほとんどです。

②今後の融資に影響する可能性

公的融資や銀行融資を将来的に検討している場合は、ビジネスローンの利用は注意が必要です。

ビジネスローンは借りやすいぶん、借入履歴が残ってしまいます。

その場合、銀行融資や公的融資に影響する可能性があることに留意しておきましょう。

 ③悪徳業者が少なくない

ビジネスローン業者の名を騙った悪徳業者が数多くいます。

また、手口も巧妙で貸金業者登録番号を分かり辛く変えていたりと、あたかも存在している企業のように見せかけています。

ビジネスローンを検討している場合は、安易に申し込まずに、しっかりと確認を怠らないようにしましょう。

まとめ

事業者向け融資、ビジネスローンとは?

融資までが早く、審査のハードルが銀行融資や公的融資よりも低いビジネスローン。

資金繰りや、スピードを求められる状況など、困った場面での活用に期待のできる金融商品です。

一方、困った場面だからこそ悪徳業者に付け入れられやすく、返済の目処が立っていなくても、金利の高いとしりつつ利用をしてしまう事業者様もいらっしゃいます。

ビジネスローンは便利で速いものの、事前の確認と返済や将来の計画をしっかりと立てた上で利用をするようにしましょう。