事業者向けファクタリング事業

事業者向けファクタリング事業

ファクタリングとは
資金を借り入れする事なく現金化できるサービスです。
取引先企業と既に発生している売掛金を事前に買い取りをする事で即座に現金化ができるサービスになります。
通常の入金サイクルを待たずに資金調達を行う事ができるため、経営におけるスピード感が圧倒的に早くなるというのが特徴です。
売掛金の管理や回収という業務の負担を減らす事ができるというのも特徴です。

こんなことで
お困りではありませんか?

金融機関からの
融資を受けられない。
経営上で資金が
不足している………。

  • 売掛け金のサイトが長い
  • 資金のショート
  • 銀行返済への条件変更
  • 債務超過
  • 急激な売り上げの増減
  • 業績悪化
こんなことでお困りではありませんか?

MERIT OF FACTORING

ファクタリングのメリット

ファクタリング=取引先に知られ
信用に関わる問題がある…と
お思いの方は多いですが、
弊社とお客様のみの2社間で行う
ファクタリングの契約もございます。
取引先様に知られる事なく
売掛金の現金化が最短当日で可能となりますので、
借りずに最速で実施できる
資金調達を是非ご利用ください。

メリット1

継続的に
ご利用いただけます

メリット1

最大限度額の枠内であれば、何度でも継続的にご利用いただけます。また、取引実績のあるお客様は、最短で手続きを行うことができるメリットもございます。
※最大限度額に関しましては、お客様それぞれにより異なります。

メリット2

取引先に知られず
ご利用可能

メリット2

他社が行うファクタリングは3社間合意が必要となり、与信的な信頼を失う事になってしまうというのが大きなデメリットです。
弊社とお客様のみ2社間で行うファクタリングなら取引先に知られる事はありません。ご心配な場合はお気軽にご相談くだい。

メリット3

借入金ではないので
負債にならない

メリット3

売買契約なので借り入れにはなりません。
ファクタリングでの資金調達は売掛債権の売買契約になりますので、借入負債にはなりません。最大限にリスクを考慮できるファクタリングが評価される大きなメリットの一つになります。

COMMISSION

2 社間ファクタリングと
3 社間ファクタリング

2 社間ファクタリングと
3 社間ファクタリング

3 社間ファクタリング

銀行などで通常行うファクタリングと同様、売掛先の承諾を得て、行うファクタリングです。
当社から取引先にご連絡後、承諾を得た上で、売掛金の徴収を当社が行います。当社と取引先の契約が完了した時点で、当社からお客様にお支払いを致します。

3 社間ファクタリング

保留金:原則として売掛金の10%
掛け目:売掛金から保留金を引いた額(買取可能額)

売掛金が500万円の場合 保留金は50万円(10%)
掛け目は(売掛金500万円)-(保留金50万円)=450万円
売掛金のうち450万円をお買い取りさせていただきます。
※保留金は当社へお支払いいただく必要はございませんので、
お客様のお手元に資金として残ります。

2 社間ファクタリング

売掛金の承諾の必要のない、当社とお客様の2社間で行うファクタリングです。
当社と取引先様とは、連絡や契約などは 一切行いませんので、取引先に知られることなく秘密を保持したままの資金調達が可能です。

2 社間ファクタリング

買取可能額=売掛金の70%

買取可能金額は原則として売掛金の70%となります。
売掛金が500万円の場合 、
買取可能金額は350万円(70%)となります。
※残りの30%は買取対象外額となりお客様の手元に残ります。